瀬戸内オリーブ園は香川県坂出市の海辺に展開する広大なオリーブ園((株)瀬戸内オリーブ)です。近代的な育成・管理方式を採用して上質なオリーブオイルを提供するとともに、絶えず研究開発を続け、オリーブを核にした複合化農業を目指しています。

ホーム » お知らせ » 瀬戸内オリーブ園の研究開発内容

瀬戸内オリーブ園の研究開発内容

2016年04月01日

オリーブ栽培に関しては全くの素人集団であった株式会社瀬戸内オリーブ(瀬戸内オリーブ園)は開設以来6年目、多くの先輩たちのご協力も頂きながら、思い切った自動化と育成管理の創意工夫によって何とかオリーブ園としての形態を整えるまでに成長してきました。しかし、オリーブ栽培に関する慣習的な事柄を含めて知識と経験の不足は如何ともし難く、基本的な知識の習得の必要性を痛感しているところです。平成27年度からは、オリーブ栽培をビジネス展開していくと言う視点から幾つかの課題を設定し、その解決のための実証実験に挑戦することにしました。十分な成果が得られるのは数年先になるとは思いますが、取り敢えず、以下に列記するようなテーマについて行動を開始しております。興味のある方、一緒に行動してみたいと思う方がおられましたらご一報ください。

 

研究開発について、詳しくはこちらをご覧下さい。