瀬戸内オリーブ園は香川県坂出市の海辺に展開する広大なオリーブ園((株)瀬戸内オリーブ)です。近代的な育成・管理方式を採用して上質なオリーブオイルを提供するとともに、絶えず研究開発を続け、オリーブを核にした複合化農業を目指しています。

ホーム » オリーブ園の紹介 » オリーブオイルの搾油作業

オリーブオイルの搾油作業

2014年11月01日

収穫されたオリーブ実は搾油工場に運び込まれ、一般には、24時間以内に搾油することになっています。瀬戸内オリーブ園では、搾油機が完備していることもあって、収穫されたオリーブ実はその日の内に搾油する事を実行しています。写真は搾油工場に運び込まれたオリーブ果実と搾油の現場です。瀬戸内オリーブ園では、一度に100kg~150kgのオリーブ実が搾油機に投入され搾油されます。オリーブ実は搾油機に投入されると果実と種を同時に粉砕して油分を抽出します。経験と勘が要求されるところです。オリーブの種類と収穫時期によっても異なりますが、搾油率は9~11%です。書物等に記載されているオリーブ実の油分含有率とは異なります。
 
sakuyu1sakuyu2sakuyu3sakuyu4